英会話ができるようになりたい!

そう考えているのであれば、スマホ英会話「EnCube(インキューブ)」をぜひ検討してみてください。

EnCube(インキューブ)は3ヶ月で97%の人が話せるようになった、と答えている今話題の英会話教材です。実際にアンケートで答えた人以外でも、

「EnCube(インキューブ)を早く知りたかった」

「こんなにいい教材ならもっと広まってもいいんじゃないかな」

と好評価をつけている人が多くいます。

この記事ではEnCube(インキューブ)に寄せられた口コミから、英会話ができる謎について迫っていきます。

EnCubeのイメージ画像
EnCubeのHPへ

EnCube(インキューブ)ってどんな教材?

EnCube(インキューブ)ってどんな教材?

EnCube(インキューブ)は、1日5分の動画をスマホで見て、先生の指示に従いながら発音を真似するだけで英会話スキルを身につけられる教材です。

これだけの説明をすると「怪しいな…」と思う人もいるでしょう。実際にEnCube(インキューブ)に対して半信半疑の人は少なくありません。

見て真似するだけだったら、誰も苦労しないよね。

それでいいんだったら英会話教室や英語の本で教えていることは何だったんだって話になる

どうせ真似するって言っても、蓋を開けてみたら難しいことを教えるんでしょう?

口コミのほんの一部をご紹介しましたが、このようにEnCube(インキューブ)をやる前の人はたいていこのような声をあげています。

しかしEnCube(インキューブ)をやった人の口コミを見ると、

本当に真似するだけでよかった。まさか自分がネイティブが話す英語を話せるようになるなんて!

憧れの海外ひとり旅ができました!EnCube(インキューブ)をやってよかった…!

仕事での評価が格段に上がりました。月給も上がって、もう大満足です!

といった喜びの声が大半を占めているのです。

もちろん中には否定的な口コミもあります(それについては後ほど紹介します)が、EnCube(インキューブ)の効果を実感した人は「必ずいる」ということをわかってもらえたと思います。

「友だちに尊敬されるようになりたい」

「ネイティブの友だちを作りたい」

「自由に海外旅行がして、貴重な体験をたくさんしたい」

「仕事でもっと評価されたい」

英会話を身につけたい理由は人それぞれ。あなたもこれ以外の夢や希望を叶えたいために、英会話を身につけようと考えていることでしょう。

今紹介した口コミを見てはっきりと言えるのは、もし抱いてきた夢や希望を実現させるために「ネイティブとスムーズにコミュニケーションを取ること」が必要なら、

<EnCube(インキューブ)は最適の教材>

ということです。

EnCubeのHPへ

EnCube(インキューブ)で英会話スキルがアップする謎を口コミのパターンから大解明!

EnCube(インキューブ)で英会話スキルがアップする謎を口コミのパターンから大解明!

EnCube(インキューブ)の口コミを見ていると、

どんな勉強方法をやっても上達しなかった自分でも話せるようになった!

英会話教室に通っていた時間は何だったんだろう、って今は思います。

英会話の本を買ってやり始めていたあの頃の自分に、EnCube(インキューブ)があるよ!って教えてあげたいです。

というような口コミが目につきます。従来の英会話教育方法では英会話スキルが上がらなかった人たちが、EnCube(インキューブ)をやり始めたら話せるようになった、このような声が他にも多く寄せられているのです。

なぜこのようなことが起きているのでしょうか。

口コミパターン① 他の教材では上達しなかったけど、EnCube(インキューブ)なら上達した。

答えは単純で、EnCube(インキューブ)が従来の英会話教育方法にあった3つの弱点を克服しているからです。

その3つとは、

『理解しにくい』

『続けにくい』

『アウトプットが足りない』

です。

それぞれ詳しく見ていきます。

弱点①『理解しにくい』

弱点①『理解しにくい』

英会話のスキルを身につけたいと思っている人なら、『スピードラーニング』を始めとするリスニングの英会話教材があるのをご存知だと思います。

英会話が収録されているCDを流しっぱなしにするだけで、自然に英会話スキルが上がるという謳い文句の教材で、やったことがある人もいるのではないでしょうか。

確かにスキルが身についている人もいるのですが、しかし「何度聞いても理解できなくて辞めてしまった」という人も少なくありません。

原因としては、日本語と英語の語順の違いです。

例えば、「私は昨日髪を切りました。」という文。英語だと「I cut hair yesterday.」となりますが、語順が「私は 切りました 髪を 昨日」と日本語と全く違うことがわかります。

この語順の違いこそが英語学習の難易度を格段に上げていて、理解の妨げとなっているのです。

リスニングタイプの英語教材のような「とにかく聞く」という学習スタイルは、英語と同じ語順である中国語やヨーロッパ言語の人たちにこそ有効なもの。そもそも日本人には向いていない勉強方法であり、英会話スキルがなかなか身につかないのは仕方がないとも言えます。

弱点②『続けにくい』

弱点②『続けにくい』

ところでなぜ「リスニングするだけで身につく」という勉強方法が日本でも採用されるようになったのでしょうか。そのひとつには、英会話教室が続けにくいことにありました。

とても当たり前なことですが、英会話は一日二日で身につくものではありません。ある程度の知識量や実践の数を増やして、少しずつ少しずつできるようになっていきます。

もちろんただ積み重ねればいいというわけではなく、“定期的”にトレーニングをするのが重要です。日々トレーニングをしないと、屈強な身体にならないのと同じだと考えてもらえればいいでしょう。

ところが筋力を身につけたいのにジム通いが続かない人が多いように、英会話教室に通いたいのに続かない人がたくさんいます。理由は簡単で、教室に行くのが面倒だからです。

英会話教室でオンラインの授業を行っているのは、まさに英会話教室に通うのがいつの間にか億劫になって遠ざかってしまう人の救済措置。ですがこれも結局は「教室に通う」が「パソコンを立ち上げる」に変わっただけで、根本的な解決にはなっていません。

そこでより楽に勉強できる方法としてリスニング教材が出てきたのだと思いますが、残念ながら語順の違いから英会話スキルが身についていない人がいるのは事実です。

弱点③『アウトプットが足りない』

弱点③『アウトプットが足りない』

リスニングタイプの学習や英会話教室、そして英会話スキルを書いた本など従来の英会話教育方法全般に言えることですが、これらは英会話ができるようになるために必要なアウトプットの量が圧倒的に足りていません。

アウトプットとは、外に発信すること。すなわち英語を発音することです。

語学学習に限らずどんなことでもそうですが、スキルを上げていくためには実践が必要です。優秀なバッターになるためには、バッティングの本で知識を身につけたり、偉大なバッターからレクチャーを受けたりするだけでは決してなれません。何度もバットを素振りし、実戦経験を積み重ねて初めてプロに通用する近づけるわけです。

そこまで自分を追い込む必要はありませんが、英会話スキルを磨くという点では同じ。本を読んだりネイティブの会話を聞いたりするだけでなく、発音も同じくらいする必要があります。

「確かに本やリスニング系統の教材だと発音はしない。でも英会話教室ではちゃんと発音するじゃないか」

という声が聞こえてきそうですね。

確かに発音のレッスンはするのですが、とはいえ英会話教室でのレッスンは大体週1回ペース。1週間に1回、約1時間程度では全然「頻度」が足りません。私たちが日本語を話せるのは、毎日5分でも10分でも、どんなに短い時間でも聞いて話してきたからのはずです。

弱点を克服しているEnCube(インキューブ)

弱点を克服しているEnCube(インキューブ)

EnCube(インキューブ)は、まさにこうした従来の英会話教育方法の弱点を克服するために作られています。

①語順の違いでつまづかないように、英文だけでなく日本語訳もつけてレクチャー

②5分という短い動画にし、家事の合間や仕事の休憩時間などちょっとしたときに見れるようにしている

③動画で教わるフレーズを何度も発音するように先生が指導

こうした工夫がこらされているからこそ、今までの教育方法で上達しなかった人も確実にスキルが上がるのです。

口コミパターン② 初心者でも確実に英会話ができるようになった!

上達できなかった人が上達したという口コミがある一方で、このような口コミも目につきました。

英語が嫌いだったんですけど、EnCube(インキューブ)をやったら会話ができるようになった!

EnCube(インキューブ)が初めてで良かったです。他の教材だったら挫折していたかも…

英会話レッスン初心者にこそおすすめしたいですね!

EnCube(インキューブ)はこのように、初めて英会話教材を使って勉強する人にも向いているようです。

ネイティブが話す英語が全くわからない

ネイティブが話す英語が全くわからない

英会話教材を使わない理由はさまざまだと思います。

ただ多くの人は、

「ネイティブの発音が早すぎて、一体何を話しているのか聞き取れなかった」

「覚えている限りの英語を話したけど、ネイティブにまったく理解してもらえなかった」

という経験があるためでしょう。

街中でネイティブに話しかけられたり、テレビを付けたときにたまたま見た洋画だったり。いわゆるネイティブの発音に触れる機会は、意外と日常生活に溢れています。

そのいわゆるネイティブ発音に触れているからこそ、多くの人は心のどこかで「英語は難しい!きっと教材を使っても自分は才能がないから無理!」と思ってしまっている。だから教材を使って勉強することに躊躇している人が少なくないのだと言えます。

リアル発音学習で最短ルートでネイティブへ

リアル発音学習で最短ルートでネイティブへ

なぜネイティブの言っていることが聞き取れないのか、また英文は合っているはずなのに伝わらないのか。それは英会話の才能がないからではありません。「ネイティブ特有の発音の仕組み」をきちんと習っていないからです。

例えば次のような文章があったとします。

「What do you like to do?(何をするのが好きですか?)」

この場合、ネイティブは「ホワット ドゥー ユー ライク トゥー ドゥー?」ではなく「ワルユー ライ トゥドウ?」と言います。

これを見ると、ネイティブがアルファベット通りに話していないことがわかるでしょう。

「What do you」が「ワルユー」と音が変化していたり

「like」の「ク」が消えていたり

しているのに気づくと思います。こうした音の変化「Linking(リンキング)」や音消し「Reduction(リダクション)」が起きるのは、ネイティブが“自分たちが言いやすいようにしている”ためです。

EnCube(インキューブ)では、こうした「ネイティブ特有の発音」を各フレーズごとに記号(リアル発音記号)で表しながら、その発音の仕方を教えてくれます。(先程の例文は「waRuyu lai’tduw?」となります)

ネイティブが使っているリアル発音をそのまま教えてくれるので、ネイティブ英語は難しいと思っている人でも効率よく「わかる」「伝えられる」スキルが身についていくのです。

4段階カリキュラムで簡単ステップアップ

4段階カリキュラムで簡単ステップアップ

またEnCube(インキューブ)では、もともとの英語レベル問わずネイティブに近づけるようにカリキュラムが4段階に分けて構成されています。

Level01「ネイティブに聞きたいことが聞ける」

Level02「ネイティブからの質問に、伝わる英語で答えられる」

Level03「ネイティブとスムーズにやりとりできる」

Level04「ネイティブにわかりやすく説明できる」

このスモールステップ方式で、英語が苦手な人でもリアルな発音を身につけつつ、ネイティブとストレスなくコミュニケーションが取れるようになっていけます。

上でも話しましたが、英会話に必要なのは才能ではありません。必要な発音を身につけ、自分のものにしていくことです。EnCube(インキューブ)の動画でこのポイントを抑えているからこそ、初心者でも満足のいく結果が得られます。

EnCube(インキューブ)はなぜ“いい口コミ”が集まるのか EnCubeのHPへ

EnCube(インキューブ)のレッスン動画には、効率よく学べる鍵がたくさん!

EnCube(インキューブ)のレッスン動画には、効率よく学べる鍵がたくさん!

EnCube(インキューブ)では、3種類の動画が順番に配信されます。「2ウェーブ自動反復システム」を採用している『ネイティブ英会話マスター』と、「バーチャル・スピーキング」を採用している『Live English』『なりきりスピーキング』です。

配信スケジュールは、1~5日目『ネイティブ英会話マスター』6日目『Live English』7日目『なりきりスピーキング』と7日間1サイクルとなっていて、8日目から再び『ネイティブ英会話マスター』が始まります。

それぞれの動画について詳しく説明していきましょう。

脳科学も注目の記憶理論を応用!『ネイティブ英会話マスター』

脳科学も注目の記憶理論を応用!『ネイティブ英会話マスター』

『ネイティブ英会話マスター』は朝と夕方の2回配信で、1サイクルの中で10回配信される基本にして重要な講座です。ネイティブがよく使うフレーズの中からひとつを紹介し、どのような発音をするのか、どういったタイミングで使うのかをレクチャーしてくれます。

この1日2回配信は脳科学でも立証されている記憶理論を応用した「2ウェーブ自動反復システム」と呼ばれるシステム。わずらわしい復習をスケジュールにあらかじめ組み込むことで、手軽に効率よく学んだことを脳に定着させられるのが特徴です。

また配信内容も少しだけ異なるのもポイントのひとつ。

朝の動画では私たちもよく聞くような「あなたの名前はなんですか?」「あなたの仕事はなんですか?」という質問とその答えを、夕方の動画では「お名前は何でしたっけ?」「お仕事は何をされているんでしたっけ?」という質問とその答えが取り扱われます。

こうしたステップアップ版を夕方に配信することでより記憶に残りやすく、さらにバリエーションも増やせるのがこの動画のいいところです。

ちなみにこの『ネイティブ英会話マスター』に関しては、以下の口コミが寄せられています。

―『ネイティブ英会話マスター』の口コミ

先生がリアル発音だけでなく、その発音をするために口をどのように動かしたらいいのか、舌をどの位置に持ってくればいいのか教えてくれたので勉強になりました。

真似しているだけでも、ちょっとネイティブになれたような気分になれて楽しいですね。

海外に行った気分で授業!『Live English』&『なりきりスピーキング』

海外に行った気分で授業!『Live English』&『なりきりスピーキング』

『Live English』は『ネイティブ英会話マスター』が終わった次の日の朝に配信される動画です。この動画では習ってきた質問と答えのフレーズを、2人の先生が実際にどのように使うのかを対話形式で見せてくれます。

『なりきりスピーキング』は、『Live English』の次の日の朝に配信される動画。『Live English』で先生方が披露してくれた会話シーンを、今度は“あなたと先生の1対1”で行います。始めに質問者側をあなたがやったときは次は答える側をやるという2パターン方式です。

この2種類の動画に採用されているのが「バーチャル・スピーキング」というシステム。実際に目の前でネイティブが会話を繰り広げられているような空間で、会話の空気感やスピード感を味わいながらレッスンできるのが特徴です。

『Live English』と『なりきりスピーキング』には、それぞれ次のような口コミがありました。

―『Live English』の口コミ

2人の先生がフレーズを使いながら演じる姿を見て、海外のドラマを見ているような気分で楽しく学べました。

フレーズのレッスンだけでは感じられない“会話特有の雰囲気”を掴めるのがいいですね。

意外とネイティブ同士の会話ってまじまじと聞かないんですよね。でもこの動画を見てネイティブ同士だとこんなふうに話しているんだな、と思うことができて良かったです。

―『なりきりスピーキング』の口コミ

『ネイティブ英会話マスター』や『Live English』の授業は理解していたつもりだったんですけど、難しかった…やっぱりインプットとアウトプットは違いますね。でもできるようになるまで頑張ります。

ここが一番の苦戦ポイントかなと思います。でもそれだけアウトプットのいいトレーニング動画ということですよね。発音するフレーズは習ってきたフレーズなので、特別な力はいりません。繰り返し発音するのみです!

ここを1度でも乗り切ると、世界が変わったような気になれます。ネイティブに近づいた実感ができて、またもう1周!と頑張れますよ。

他にも、

バーチャルな空間なので先生の顔色を気にせず発音できた。

これまで英語を話すときは「間違えたら嫌だな…」と思う気持ちがあったけど、誰も見てないからそんなこと気にせずにできましたね。

など「バーチャル・スピーキング」に対する口コミも寄せられています。

EnCube(インキューブ)の効果は本物だった EnCubeのHPへ

口コミでも大反響!EnCube(インキューブ)は先生もすごい!

口コミでも大反響!EnCube(インキューブ)は先生もすごい!

EnCube(インキューブ)の口コミには、スキルアップするための工夫や動画に対するもののほかに、先生に対して感謝するような口コミも多くありました。

最初はどの先生に対しても「えっこの先生誰??」と思っていたんですけど、みなさん丁寧に教えてくれるので安心してレッスンを受けることができました。

イムラン先生の本をもともと持っていて、それの影響もあってEnCube(インキューブ)を始めたんですが、先生のわかりやすい授業がそのまま動画になった感じでよかったですね。

シモン先生とメリン先生の会話のやり取りが絶妙で、それを楽しみに頑張っていました。

ではここで、EnCube(インキューブ)の先生についてご紹介します。

イムラン・スィディキ先生

イムラン・スィディキ先生

EnCube(インキューブ)の講師を監修を務める先生です。『ネイティブ英会話マスター』の朝に配信される方の講座全般と『なりきりスピーキング』を担当。細かなところにまで手を抜かない指導と身振り手振りを交えた言葉で、生徒さんひとりひとりに寄り添うような授業を行ってくれます。

《来歴》

パキスタン人の父親と日本人の母親を持つハーフで、日本生まれ日本育ち。幼稚園のときにインターナショナルスクールに入って以降、大学院まで教育をすべて英語で受けていて、日本語と同じくらい英語も堪能です。大学院のときに英語を教える面白さにのめり込み、授業そっちのけで没頭。その熱は社会人になっても冷めず、働きながら英会話教室「コペル英会話」を立ち上げました。1年半2足のわらじを履き、2004年に独立して現在に至ります。

《現在の活動》

英会話教室「コペル英会話」の校長で麻布十番と銀座にある2校を経営。また10万人の登録者を超えるmixiの「英語一日一言」の主催者、『Yahoo!知恵袋』のチエリアン、オールアバウト・プロファイルの英語専門家としても活動中です。

教室で生徒さんをレッスンすることが好きなため、多忙を極める中でも変わらず教室に出向いて授業をされているそう。日本各地で行っているセミナーも人気で、海外から生徒さんが来ることもあります。

《その他》

著作も多数あり、主なものは『英語は一日一言覚えれば話せます』『これだけ言えれば会話が続く! 英語表現100』『外国人と15分以上話がとぎれない英会話レッスン』などがあります。Amazonの英会話書籍などの部門でランキング1位を獲得するなど、書かれる書籍はみな好評です。

シモン・オオゴ先生

シモン・オオゴ先生

EnCube(インキューブ)で、『ネイティブ英会話マスター』の夕方に配信される方の講座と『Live English』を担当している先生です。はっきりとした発音と情熱的な指導で、ネイティブが話すリアルな発音をわかりやすく教えてくれます。

《来歴》

東京・葛飾で生まれ、3歳からハリウッドで生活を送りました。小学生のときに一度日本に戻って以降、定期的に渡米。日本の「セント・メリーズ・インターナショナルスクール(St. Mary’s International School)」やアメリカ・カリフォルニアにある「Pitzer College」「Golden West Gate College」などで学生生活を過ごし、現在は「コペル英会話」の主任講師を務めています。

《現在の活動》

実力派講師が集まる「コペル英会話」の中で、人気No.1講師として君臨。発音レッスンは予約を取るのが難しいほどで、ほかに細かなニュアンスや感情表現などの指導も生徒さんから高評価を獲得しています。

東京や大阪などで開催している外部向けの単発セミナーでも同様の人気ぶりで、1,000名を超える生徒さんを指導してきました。500本以上のレッスン動画を投稿している、Youtubeの「シモン英会話」のチャンネル登録者数も3,000名をゆうに超えています。

ぷりん亭芽りん先生

ぷりん亭芽りん先生

シモン先生と同じく、『ネイティブ英会話マスター』の夕方に配信される方の講座と『Live English』を担当。豊かな表現力と丁寧な発音で、英会話スキルだけでなく「ネイティブにどう言えば確実に伝わるのか」という表現方法も指導してくれる先生です。

《来歴》

三重県で生まれ、その後その後大阪や新潟など日本各地を転々。2018年は大阪に在住し、神戸女学院大学に通っています。小学校3年生のときに英語落語の活動を始め、「ワラチャン! U-20お笑い日本一決定戦」「第九回 ひむかの国こども落語全国大会」など、数々の大舞台を経験している実力者です。

《現在の活動》

英語落語の活動のほかに、ミュージカルや演劇、2018年4月からはマイムにも挑戦されています。「英語も好きで、表現することも同じくらい好き」とのことです。

EnCubeのHPへ

こんなにコスパがよくて大丈夫?EnCube(インキューブ)の衝撃的な料金設定

こんなにコスパがよくて大丈夫?EnCube(インキューブ)の衝撃的な料金設定

EnCube(インキューブ)の料金は月々7,980円(税抜)。今申し込めばキャンペーンが適用され、初月0円・2ヶ月目以降は32%OFFの5,480円(税抜)で受講できます。

この金額は、内容や講師陣から考えても驚異的にコスパがいいです。

参考までに他社の英会話教室の料金を出しておきます。なお下記にある比較参考金額は、EnCube(インキューブ)と同じ授業時間240分(5分×12回×4サイクル)に合わせて計算したときに、月々いくらになるのか直したものです。

EnCube(インキューブ)の料金設定

・月額料金…5,480円(税抜)

・レッスン形式…マンツーマン(動画)

・その他費用…なし

NOVAの料金設定

・月額料金…20,000円(税込)

・比較参考金額…30,000円

・レッスン形式…マンツーマン(オンラインもあり)

・その他費用…なし

AEONの料金設定

・月額料金…27,750円(税抜き)

・比較参考金額…33,300円

・レッスン形式…マンツーマン

・その他費用…入学金・システム管理費・教材費

リンゲージの料金設定

・月額料金…28,000円(税抜)

・比較参考金額…42,000円

・レッスン形式…マンツーマン

・その他費用…なし

※あくまでこれはEnCube(インキューブ)の金額がどのくらい安いかを比較した表です。「英会話教室は高いから受けないほうがいい」というものではありませんので注意してください。

EnCube(インキューブ)を実際にやった人に話を聞いた EnCubeのHPへ

EnCube(インキューブ)に寄せられたその他の口コミ

EnCube(インキューブ)に寄せられたその他の口コミ

この記事ではEnCube(インキューブ)の肯定的な口コミをピックアップし、EnCube(インキューブ)の謎について迫っていきました。

もちろん寄せられている口コミの中には、EnCube(インキューブ)に対してやや厳しい意見もあります。一部をご紹介します。

確かにリアルな発音を身につけることはできましたが、英文法や英単語などを幅広く勉強しなければいけないテスト対策には不向きです。

基本的に日常生活に使えるフレーズが中心なので、ある程度できる人だと物足りないかもしれません。

ただこうした意見をまとめてみると、EnCube(インキューブ)の効果に対してというよりは自分の目的に合わなかった人がほとんどでした。

EnCube(インキューブ)で「できること」「できないこと」 EnCubeのHPへ

おわりに

おわりに

EnCube(インキューブ)でなぜ英会話スキルアップができるのか、その謎を多数の口コミから解き明かしていきました。

・ネイティブが実際に使う発音記号をレッスン

・アウトプット量を劇的に増やすカリキュラム

で、従来の英会話教育方法の弱点を克服しているからこそ、多くの人が満足しているのだと言えます。

英会話のスキルを磨く何よりも大切なのは楽しむこと。

あなたも英語が「聴ける」「話せる」「わかる」ようになるEnCube(インキューブ)で、ぐんぐんスキルが上がる実感を楽しんでみてはいかがでしょうか。

EnCubeのイメージ画像
EnCubeのHPへ